Facebookページの制作は!株式会社wEVAにお任せ下さい

目指せWebクリエイター


wEVAブログ

Ruby/Rails勉強会


EdgeRankについてよく考えてみる

 

Facebookを活用していく中で欠かせない要素の一つがこのEdgeRank(「Hランクじゃないですよ!!」)。Facebookではハイライトに何が表示されるかなどの計算はこのEdgeRankを元に算出されています。

このEdgeRankは以下の三項目によって算出されます。

  • affinity score
  • weight
  • time

今回は簡単にこのEdgeRankについて解説したいと思います。以前も「EdgeRankを意識して、考え方を切り替えよう」の記事で解説しましたが聞かれることが多いので新たに書いてみます。

affinity score

「親密度」と訳されることが多い要素、メッセージのやり取りや相手のプロフィールページへのアクセス数などから算出されているようです。よくメッセージを送っている相手や、よくプロフィールを見ている相手ほど親密度が高いことになります。

weight

この要素は「重み」で、どのような行動をとったかによって評価されます。また各アクションによって重みが異なるので、より高いアクションを取っている方が評価が上がりやすくなるかと思われます。

  • いいね!
  • コメント
  • 同じ記事をシェアする
  • 同じ場所にチェックインする
  • 同じ写真にタグ付けされる
  • 同じファンページに「いいね!」している
  • 同じグループに参加している
  • 同じイベントに参加した
  • 共通の友達
  • 共通の地域
  • 共通の職場
  • 共通の学校

time

「時系列」、最新のものがより上に表示される。

何故、EdgeRankを意識しなければならないのか?

特にビジネスにFacebookを使っていこうと考えている人にとっては重要です!Facebookではウォール上に掲載されない情報は存在しないも同然です。いくら頑張ってPRしても、読み手が「いいね!」やコメントをしない記事は友達のハイライト上に表示されることなく消えていきます。これはFacebookページのそのファンの間でも同じです。

特に宣伝ばかりしている方だと気がつくと、他のFacebookページ上に投稿した記事が自分からは見えても他の人には一切見えないようになっているということもあります。Facebookを活用していこうという方は「いいね!」がもらえる記事、「コメント」がもらえる記事ということを意識して投稿していくことをおすすめします。

 

 

投稿者プロフィール

鈴木 孝昌株式会社wEVA代表取締役
沖縄に移住してあっというまに四年が経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。





タグ一覧表示



それゆけ〜!!facebook

ぬーやが!?まーやが?!たーやが!?

琉球海浜調査隊