Facebook Today

Facebookページにタイムライン機能が実装されました

投稿日:

20120229 0

2012年2月29日の晩、Facebookページにタイムライン機能が実装されました。急な実装だったので移動中の車の中、驚いてコンビニの駐車場に車を止めてiPhoneからじっくり読んでしまうほどの出来事でした(このスクリーンショットと現時点でのリンクでも既にページが若干変化しています)。しかも、今回は3/30に全てのFacebookページが一斉に強制的に切り替えられるそうなので、「いままでのページがいい」と言って変更しないという選択はできなくなっています。

新しいFacebookページ

タイムラインの実装で何が変わるのか?

今回の機能追加で、Facebookページが非常に大きく変化しました。Facebookの紹介(新しいFacebookページ)では以下のポイントがあげられています。

  • ページのブランドを構築
    ユニークな写真を追加し、ページのタイムラインに大切なニュースやアップデートを掲載しましょう。
  • 重要な情報をハイライト
    毎週、最新の投稿をページ上部に固定し、さらに多くの人に見てもらいましょう。
  • すべてを一ヶ所で管理
    ページ上部のツールから、最近のアクティビティを確認したり、ファンからの投稿やメッセージに応答できます。

私としてはこの一番最初の「ページのブランドを構築」に特に注目でした。今までの画面では左側の画像だけでしかブランディングできなかったFacebookページが(Welcomeページなどでもカスタマイズできましたが)、タイムラインの実装で大きなカバー画像を利用することができるようになりました。今までブランディングで重視されてきた(?)Welcomeページが今回の変化からまったく意味を成さなくなり、『「いいね!」していない人は〜〜〜』のような画面も出せなくなりました。

タイムラインへの切り替え方

Facebookページをタイムラインに切り替えるには「ページの新デザインをプレビュー」からご利用ください。

アプリの横幅も変更になりました

今までアプリでオリジナルページを組み込んできていた方も、横幅が760pxに変更になっています。以前よりも表示できる枠が増えたので表示できるコンテンツもより魅力的なものにすることができるでしょう。

以下の記事も参考になります!!

Facebookページのタイムライン化で注目の10項目を解説

動画もご覧ください

Introducing the New Pages

これからも継続して報告

今回から急激な切り替えがはじまりました。しばらくの間はいろいろな混乱もあるかもしれませんので、このブログも利用してこれからは継続的にFacebookページの変化を報告していこうと考えています。

-Facebook Today

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

都道府県別のFacebook利用者数と人口に対する比率(2011/12/17)

以前の更新からだいぶ時間がかかってしまいましたが、久しぶりに比較して見ました。今回もFacebookの広告機能を利用して、言語は特に指定せずに一覧にしています。いつか時間のある時に言語別や市別も出して …

Facebookのアプリケーションも活用してみましょう

アプリケーションとはFacebookのAPIを利用してFacebookの画面上で動くいろいろなサービスで、数え切れないほどのアプリケーションが公開されています。 アプリケーションディレクトリ と言うページからこのアプリケーションを探す事が出来ますが、ジャンルも「ビジネス」「教育」「エンターテイメント」「友達&家族」「ゲーム」「遊び」「ライフスタイル」「スポーツ」「ユーティリティ」に分類され、数え切れないほどのアプリケーションが存在しています。

no image

ソーシャルメディアは友達目線!

28日の日曜日12:00からのFacebook勉強会では「Facebookの基礎的な部分を!」という希望があったので「ソーシャルメディア・ソーシャルネットワークってなに?」ということを題材に勉強会をし …

【速報】Facebook利用者数が10億人突破!!

本日のニュースです、Facebook利用者数が本日10億人を突破したとのこと!!マークザッカーバーグ氏のウォールでは10億人突破のお祝いコメントやシェアで賑わっています。 This morning, …

楽天市場 お買い物部

この画像は楽天内のキャンペーンページだが、楽天市場公式ファンページ「お買い物部」が「「いいね!」で10万ポイント山分け」というイベントをはじめたので紹介しておきたい。ファンページの内容としてはtwit …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。