Facebook Tips

新機能「フィード購読する」は重要!!

投稿日:

20110910 2

昨日のアップデートでFacebookに「フィード購読する」という機能が実装されました。今まで友達にならなければウォールを読んだり、「いいね!」やコメントができなかったのが(コメントの許可はフィードを公開する側の設定によって出来る場合と出来無い場合があります)今回の「フィード購読する」機能の実装によって友達以外にも情報発信が出来たり交流をつなげていくことが出来るという、今までにはなかったFacebookの使い方が生まれてくるかもしれませんね。

20110916 3

設定画面はこんな感じです。

今まで「友達は面識のある方でそれ以外は個人名義のFacebookページで」という方法がありました。「フィード購読する」とFacebookページの違いは以下のようになります。

Facebook + Public Figures

Original

まだ実装されたばかりの機能なので物足りない面もあるけれども、今後の機能追加によってどんどん使い勝手が良くなり、新しいFacebookの使い方がでてくることは楽しみです。

鈴木のフィード購読はこちらから(^^;

自分自身、個人ページを制作してきていましたが、実際の使い分けを迷ったり、「しかし、友達でない人とどう繋がっていくべきか」で悩み、結局は「来るものは拒まず」というスタイルで「余程のことがないかぎり友達申請は断らない」という方針できました。最近になって友達の数も4000を超えてしまい、またこの使い方はFacebookが提唱している仕組みと違うというジレンマに悩んできていましたが、やっとその解決方法が見つかったという感じで、今後は「友達は面識のある方」に戻し、それ以外の方々はフィード購読をお願いするという方向に徐々に変化させていこうと考えています。

ソーシャルネットワーク協議会や最近のセミナーの場でも「絆」という言葉を使ってきましたが、Facebookの最大の特徴は自分の友達、そしてビジネスに使いたい人にとっては仕事相手、顧客との絆(エンゲージメント)をつくれるのがFacebookの最大の特徴であると考えています。エンゲージメントをつくっていくには、人によっていろんな手法があるかと思いますが、友達とフィード購読者という新たな分類によってまた新しい使い方が生まれてくるでしょうね。

-Facebook Tips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ファンページの「いいね!」の増やし方【基礎編】

だんだんと日本発のファンページも増えてきました。このファンページの「『いいね!』ってどうやったら増えるの?」で悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回はファンページの「いいね!」の増やし方【基礎 …

no image

Facebookノートの活用方法

Fecebookの一機能として、使いこなし始めると意外と便利なノート機能。ノートではHTMLタグも使えるって知ってましたか? 太字 <b>太字</b> イタリック体 <i …

Facebook「写真」の表示が新しくなりました!!

先月末のことですが、写真のページが新しくなりました。急に新しくなったので驚かれた人もいるかとは思いますが、今までと比べても写真が非常に見やすく、面白いものになっています。 画面上部には「あなたが写って …

Facebookページのカバー画像サイズ

Facebookページの制作時によく聞かれるカバー画像のサイズをメモしておきます。カバー画像のサイズは横851px×縦315pxで制作しておきます。 YouTubeチャンネル登録をよろしくお願いします …

グループへ友達を招待する方法

Facebookのグループページへ友達を招待するときの方法です。まずグループに招待できるのは自分の友達だけです、友達以外を招待することは出来ないので注意してください。 まず、画面右上の「グループに友達 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。