Facebook Tips

新機能「フィード購読する」は重要!!

投稿日:

20110910 2

昨日のアップデートでFacebookに「フィード購読する」という機能が実装されました。今まで友達にならなければウォールを読んだり、「いいね!」やコメントができなかったのが(コメントの許可はフィードを公開する側の設定によって出来る場合と出来無い場合があります)今回の「フィード購読する」機能の実装によって友達以外にも情報発信が出来たり交流をつなげていくことが出来るという、今までにはなかったFacebookの使い方が生まれてくるかもしれませんね。

20110916 3

設定画面はこんな感じです。

今まで「友達は面識のある方でそれ以外は個人名義のFacebookページで」という方法がありました。「フィード購読する」とFacebookページの違いは以下のようになります。

Facebook + Public Figures

Original

まだ実装されたばかりの機能なので物足りない面もあるけれども、今後の機能追加によってどんどん使い勝手が良くなり、新しいFacebookの使い方がでてくることは楽しみです。

鈴木のフィード購読はこちらから(^^;

自分自身、個人ページを制作してきていましたが、実際の使い分けを迷ったり、「しかし、友達でない人とどう繋がっていくべきか」で悩み、結局は「来るものは拒まず」というスタイルで「余程のことがないかぎり友達申請は断らない」という方針できました。最近になって友達の数も4000を超えてしまい、またこの使い方はFacebookが提唱している仕組みと違うというジレンマに悩んできていましたが、やっとその解決方法が見つかったという感じで、今後は「友達は面識のある方」に戻し、それ以外の方々はフィード購読をお願いするという方向に徐々に変化させていこうと考えています。

ソーシャルネットワーク協議会や最近のセミナーの場でも「絆」という言葉を使ってきましたが、Facebookの最大の特徴は自分の友達、そしてビジネスに使いたい人にとっては仕事相手、顧客との絆(エンゲージメント)をつくれるのがFacebookの最大の特徴であると考えています。エンゲージメントをつくっていくには、人によっていろんな手法があるかと思いますが、友達とフィード購読者という新たな分類によってまた新しい使い方が生まれてくるでしょうね。

-Facebook Tips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EdgeRankについてよく考えてみる

  Facebookを活用していく中で欠かせない要素の一つがこのEdgeRank(「Hランクじゃないですよ!!」)。Facebookではハイライトに何が表示されるかなどの計算はこのEdgeR …

Facebook Commentsが面白い!!

以前からSocial Pluginで公開されていたComments機能がいきなりパワーアップして登場、あちこちでいろんな話題になっています。実際に導入してみたところ確かに「もう少し練ってあればもっとい …

Facebookのプロフィールバナーをつくろう!

久しぶりに入門的な内容です。 Facebookのプロフィールバナーをブログに貼りたいという話がありました。このリンクも見つけにくいのでしょうか?このリンクはプロフィールページの一番左下にある「プロフィ …

no image

Facebookノートの活用方法

Fecebookの一機能として、使いこなし始めると意外と便利なノート機能。ノートではHTMLタグも使えるって知ってましたか? 太字 <b>太字</b> イタリック体 <i …

Facebookで友達をブロックしたい場合

Facebookでしつこいビジネスのお誘いや、「この人にはもう自分の投稿を見られたくない」「この人には”いいね!”されたくない」という場合の最終手段として、その相手をブロックするという方法があります。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。