Facebook Tips

Facebook Commentsが面白い!!

投稿日:

以前からSocial Pluginで公開されていたComments機能がいきなりパワーアップして登場、あちこちでいろんな話題になっています。実際に導入してみたところ確かに「もう少し練ってあればもっといいのに」と思うような面も沢山あったものの、これは非常に面白いので紹介します。

20110302_1.jpg

上の画像はFacebook Commentsの導入後の画面です、この画像からもわかるように他のサイト(ブログなど)でそのままFacebookのコメント機能を利用することが出来るようになります。ここでコメントしたらコメントした内容がそのままFacebookのウォールにも反映され、Facebookでコメントした内容もこちらの画面に反映されるようになります。

20110302_2.jpg
また、記事の削除などもModerator Viewから簡単にできます(別設定が必要)。この画面にも表示されている「モデレーションを行う」からは更に詳細なコメント欄の管理ができるようになり、ブログやホームページがFacebookと密接に連携されていくようになりました。

20110302_3.jpg
このプラグインの導入は他のSocial Pluginと同様にFacebook Developersのサイトからおこなうことができます。Social PluginsからCommentsを選択して、上記の画面の「URL to comment on(コメント機能を実装するサイトのURL)」「Number of posts(表示するコメント数)」「Width(表示の横幅)」を指定し「Get Code」を押して表示されたコードを貼り付けるだけです。
ブログの場合はこの時に「URL to comment on」で指定したURLを各記事のURL置換タグに指定しておく必要がありますが、基本機能を使うだけであればこれだけの作業でFacebook Commentsの導入をおこなうことができます。

-Facebook Tips
-

執筆者:

関連記事

ファンページをつくったら、まずは「いいね!」を25集めましょう

と数字が混ざったURLで友達に教えるにも、メールの署名にしたり、印刷物に入れるにも「なにこれ?」… を達成したので、先ほど http://www.facebook.com/PensionHenoko と言うURLを確保しましたが、これは以前も「 ファンページのURL(ユーザーネーム)を変更する 」の記事で書いたURL http://www.facebook.com/username/ にアクセスすることで変更できるようになります。

Facebookで友達をブロックしたい場合

Facebookでしつこいビジネスのお誘いや、「この人にはもう自分の投稿を見られたくない」「この人には”いいね!”されたくない」という場合の最終手段として、その相手をブロックするという方法があります。 …

no image

EdgeRankを意識して、考え方を切り替えよう

今までのメディアの考え方がソーシャルメディアに移り変わるにあたって、Facebookでも考えを切り替えておいた方がいい点があります。Googleがサイトの評価をPageRankという言葉で表したように …

Facebookからtwitterへ自動でつぶやくには?

twitterに投稿された記事が自動でFacebookに入るという方法は後日解説しますが、今回はFacebookのファンページからtwitterへ自動で投稿する方法を解説します。

20101117_1.jpg これについては、そんなの難しくはなく、以下のURLにアクセスして、あとはtwitterとリンクしたいファンページのところにあるボタンを押すだけです。

Facebookのイベント機能で地図が載らない

「Facebookでイベントをつくっているけれども、地図を載せるにはどうしたらいいの?」という質問がありました。Facebookのイベント機能では通常では場所のところにスポット名を入れるとプルダウン表 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。